トップへ戻る

社会福祉法人あさか会

menu
人間の街を目指す。人間の街で生きる。
みちロゴ

訪問看護ステーションは、「在宅で、自分らしく生きる」を支えます。
介護保険事業所番号 2762090187

ライン1
訪問看護の内容
日常生活の介護

清潔のケア
食生活のケア
排泄のケア
療養環境の整備
寝たきり予防の為のケア
コミュニケーションの援助

検査・治癒促進の看護

床ずれ防止工夫や指導
床ずれの手当て
服薬管理・指導
主治医の指示による処置・検査
病気への看護と療養生活の相談

健康状態の観察と助言

健康チェックと助言
(血圧、体温、呼吸、脈拍)
特別な病状の観察と助言
心の健康チェック

医療処置が必要な方と、医療機器をつけた方の看護

点滴、カテーテル管理
(胃ろう、尿留置カテーテルなど)
インシュリン注射など
在宅酸素などの管理

在宅でのリハビリテーションの看護

体位変換、関節などの
運動や動かし方の指導
日常生活動作の訓練
(食事、排泄、移動、入浴、歩行など)
生活の自立、社会復帰への支援

介護予防看護

健康管理
低栄養や運動機能低下を
防ぐアドバイスなど

認知障/精神疾患の看護

認知症介護
精神疾患の相談
対応方法のアドバイスなど

ご家族等への介護支援・相談

介護方法の助言
病気や介護、不安の
相談など

ライン1
訪問看護の特色

病状や療養生活を専門家の目で見守り、適確なアセスメントに基づいたケアとアドバイスで、自立した生活が送れるように支援します。

緊急時の場合でも対応します。

急変時にもかかりつけ医と連携し、症状の観察、緊急の処置などを行います。
(緊急時訪問看護加算、24時間対応体制加算、同意が必要です)


ターミナルケアを支えます。

住み慣れた家で最期まで過ごせるように、医師の指示による疼痛管理や症状緩和などにも適切に対処し、心のケアも行います。ご家族とともに看取りをします


ご自宅以外でも受けられます。

看護師の訪問は、地域にあるグループホームや小規模多機能ホーム、特定施設、特養ホームのショートステイなどにおいても、医療と介護の連携を強め、一定の場合に受けられます。


医療機器をつけた方の療養を支援します。

経管栄養、在宅酸素療法、吸引、在宅点滴注射等の医療処置が必要な方の在宅療養を支援します。


自宅への退院を支援します。

病院と連携し、入院中から在宅生活の不安の相談にのり、自宅への退院をスムーズに行う支援をします。


医療保険・介護保険の双方に対応できます。

医療保険・介護保険の両方のサービスが同じステーションで引き続き受けられます。必要な場合は、他のステーションや医療機関の訪問看護を併用することもできます。

ライン1
訪問看護を利用するには

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。詳しくは、「訪問看護ステーションみち」にお気軽にご相談ください。

訪問看護利用図

訪問看護の料金は?

どんな保険を利用するかによって料金は異なります。料金表でご確認ください。
(3年に1回の法改正により変更があります。)


訪問看護は誰が来てくれるの?

訪問看護は、看護師の免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。保健・医療現場での十分な看護の経験・知識・技術を持つ専門家が担当いたします。

ライン1
お問い合わせ

〒558-0021

大阪市住吉区浅香1-6-27

TEL:06-6696-9606 / FAX:06-6696-9607

E-mail:houkan.st-michi@asakakai.com

営業時間 9:00~17:30(土日祝日除く)

サービス提供時間 9:30~17:00

地下鉄・御堂筋線あびこ駅④出口を南に徒歩10分

JR阪和線・杉本町駅下車、東へ徒歩10分

大阪市営バス、杉本1丁目下車、徒歩3分

PAGE TOP